FC2ブログ
2020.05.15 古い名簿
今年は岐阜県畳組合の通常総会は書面議決開催
となりました。
組合の理事長を仰せつかったのが8年前の事。
先代が他界してまだ3ヶ月という時でした。
何事も色々と手につかず、悶々と過ごしていた気がします。

当時、机やロッカーを整理していて偶然出てきたのが
組合の名簿でした。

20200515201500248.jpeg

岐阜県下の畳店や職人さんが、30ページにわたり掲載され、
その数は510。現在の10倍です。
市内でも至る所に畳屋さんがありました。

202005152015241d5.jpeg

さてこの名簿がいつのものか?という事ですが、
記載された郡名が存在した年などから推測すると
1910年〜1920年頃と思われます。
現在も仕事をされている畳店も何軒かあり、皆さん
100年にわたって畳店をされている事になります。

私の店は三代目、曽祖父の名前が記載されています。
江戸後期、文政3年(1820年)の創業。
15年ほど前にHPを作る時に先代に確認し、
「多分それより前だが、間違いのないところで」
と言われ、初めて店のルーツについて聞きました。
今年は創業200年。
たまたま節目に立たせて頂いていますが、
まだまだ習得しなければならない事ばかり。
今年の役員改選で、五期目の理事長をお受けしましたが、
これで10年という節目になります。
次期は誰かに引き継いでもらわなければと思います。
年月の過ぎるのは本当に早いですね。





スポンサーサイト



裏返しのご依頼があってお客様を訪問。
場所にも依りますが、10年以上も経過していると
裏側もある程度退色が進んでいます。

たまたま異なる生産者ですが色が揃っている畳表の在庫があったので、
その旨ご説明させて頂くと、是非お任せするとのこと。

20200423193958f8d.jpeg

例えば既敷の畳を一枚だけ、同じように退色した畳表で張り替える
というように、畳表の色を合わせるというのは
おそらく畳店にとって一番難しい事だと思います。
今回はたまたまランクも色も揃った畳表の在庫があり、
藺草も生産者も異なる4枚ずつですが、違和感はありません。
裏返しの料金+αのお値打ち価格で施工させて頂きました。

20200423194013767.jpeg
畳表: 熊本県産ひのみどり・涼風
畳縁: 純綿双糸黒

2020.04.22 Social distancing
 新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために
人との距離を約2メートルにする事が叫ばれています。

その距離およそ畳1帖。
日本人は畳に置き換えた方がイメージし易いのかもしれません。
畳のない洋間の広さも平方mではなく○畳間です。

202004231939385e1.jpeg

結構離れなくては2mにならない事に
改めて気づきました。



1ヶ月近くかかった畳の製作も終わり
無事納品させて頂きました。

水屋
20200409002017b9b.jpeg

広間
2020040900203744d.jpeg

広間茶室
20200409002114c78.jpeg

今回の畳に使用した材料は、一年半前に婦人画報にも紹介された
武者小路千家官休庵東京稽古場にある
久田宗全好みの茶室小間「半床庵」にも使用しています。

20190105024349b5a.jpeg

素晴らしい素材を使った畳製作に携われた事を
大変嬉しく思います。

20200409002242716.jpeg
畳表: 熊本県産ひのみどり1番抜き麻4本芯
畳床: 東播州産わら床框板入り(棕梠裏)
畳縁: 本高宮麻縁

お世話になっている建築会社の会長様が
離れに茶室を作られる事になり、畳のご相談を頂きました。
最初の設計図面では床の間の前に2帖が横に並び(赤線)
これが8帖間のセオリーです。

20200407114954a81.jpeg

しかし炉畳が点前畳に框付きとなるので、
千家の茶道流儀としては良くありません。

202004071150175a6.jpeg

お茶が優先とされる部屋ということで
このような敷き方を提案させて頂きました。
踏込み畳と点前畳は京間幅にして、炉を切って頂きました。
これで風炉先や棚が客付にはみ出る事はありません。
新築ですから、お客様が後々後悔しないよう
自ら茶人修行中の身でもありますので、
いくつかアドバイスさせて頂きました。

炉縁周りの直線は小縁の端にも延長します。
202004071150366bf.jpeg
畳表: 熊本県産在来品種
畳縁: 純綿双糸黒