FC2ブログ
先週は月〜金の5日間東京に滞在しました。
全日本畳事業協同組合の通常総代会の開催や
日頃から国政で畳に御尽力頂いている国会議員の激励会等々。
すべての予定が連続して消化できて良かったです。

知り合いに誘われて丸の内南口へ。
誰もが一度は天井見上げたことがあると思います。

20190524092854342.jpeg

しかしこの二階に上がれるとは知りませんでした。
落ち着いた東京ステーションホテルの中にあるすし屋さんへ。

20190524092914667.jpeg

カウンターで美味しく頂きました。
ここには有名なバーがあるのですが、普段はなかなか入れないそう。
予約ができないお店だそうで、この日もそうでした。
そこで少し待つ事に、ちょっとフレッシュな飲み物を注文。
このサクランボのジュースは絶品でした。また飲みたいです。

201905240929272d5.jpeg

いかにも老舗のバー「オーク」。
窓越しに丸ビルがみえます。

2019052409311202f.jpeg

ここのバーテンダー杉本さんは伝説のお方。

201905240932313a5.jpeg

大人気のカクテル「東京駅」を注文。
少しだけ頂きましたが美味しい、でもアルコール度は⬆︎。

201905240931430da.jpeg

初めて目にする超大人の空間でした。
こんな所に1人静かに一杯飲みに来る人って憧れますね!

201905240932017b6.jpeg

まだまだ私には時期早々の大変セレブな夜でした。

20190524093253ad4.jpeg


スポンサーサイト
2019.05.20 ミシュラン☆
昨日の新聞に、県下のミシュランガイド掲載店が出てました。

味は当然ですが、店の室礼や雰囲気というのも選ばれる要素に
入っているのではないでしょうか。
全ての要素がお客様のもてなしにつながります。

201905210145146d1.jpeg

たか田八祥本店の畳はすべて上質な国産畳表を使っています。
高田社長は常に何十人もの弟子を育てておられ、実に多忙なお方。
しかしあの風貌ですから、最初は怖くて話ができなかった記憶が。。(笑)
今では、色々と親しくさせて頂いております。
昨年、はなれの茶室小間の畳を日本一の生産者の畳表に替えました。
自分が日頃畳を通じて関わらせて頂いているお店だけに
自分の事のように嬉しく思います。

私の家から徒歩5分以内に3軒ものミシュラン店があります!
是非近日中に行ってきたいと思います。




連休中格闘していたのがワラ床の新畳製作です。

縫いピッチが広くなるほど、どうしても締まりが悪くなります。
厚みのムラが気になって、まずは縫って締め直しからスタート。
こうなると、ワラモード突入です。

201905081047492a4.jpeg

二部屋製作するのに数日。
炉も切りましたので、当然、切断した所が膨らみます。
鍵畳は框板入れで製作しました。

20190508104806b68.jpeg

今回は、炉の位置から相談頂きました。
色々考え、この位置をご提案しました。
他にも壁の色、花釘の高さ、炉暖の高さなど、
気がつけば畳以外の相談を色々と受けていました。

こうなると責任重大ですね。
でもお茶の事を知っているように見て頂いていると思うと、
少し嬉しいですねー、茶の湯を志して良かった。

これからも精進します。

20190508104818d15.jpeg
使用畳表: 熊本県産在来品種
使用畳縁: 純綿双糸黒
使用畳床: ワラ

2019.05.07 縁付き畳_195
ネットを見てご連絡頂きましたお客様の表替えでした。

見本をお待ちした所、上質な国産畳表を御用命頂きました。

2019050810152574a.jpeg

いつも臭っているんですが、国産畳表の香りは良い香り。
仕事をしていても気持ちが良い。

目立ちのある上級畳表の表替えに大変ご満足頂けました。

20190508101541437.jpeg
使用畳表: 熊本県産ひのみどり
使用畳縁: 純綿双糸栗茶

2019.05.06 お点前
先月、京都伏見にある御香宮神社において
武者小路千家による献茶式があり、小林宗匠が
副席を担当されたので、お点前する機会を頂きました。

20190506221357ff8.jpeg

御献茶を終えられた不徹斎千宗守御家元が正客に。
さすがに柄杓を持つ手が少し震えましたが
薄茶という事もあり、普段通りの点前ができました。

20190506221421286.jpeg

普段、お茶の事を本当に分かりやすく楽しく
教えて頂いている小林宗匠と御家元に挟まれての
スリーショットを、茶友が撮ってくれていました。
御家元の前でお点前するというのは大変光栄な事であり
誰もが持つ一つの目標ではないかと思います。
貴重な経験を積ませて頂きました。

お点前中に、東京の半床庵の「日本一の畳」の事に触れられ、
使わない普段は遮光して大切に管理していると話されました。
少し会話をさせて頂きましたが、その間もちゃんと手は動いて
点前は進めていましたので、普段の稽古の積み重ねの
大切さを痛感しました。
これからも精進したいと思います。

20190506221452dfe.jpeg