FC2ブログ
8月から少しずつ行ってきた崇福寺の畳工事ですが、
本日、無事に完了することができました。

2019101702033931f.jpeg

この山門を何度もくぐって畳を運びました。
お陰様で4キロのダイエットになりました。

よく使って頂いた従来の畳と、これだけ色が違います。

20191017020412477.jpeg

全て本堂と同じ熊本産の畳表を使いました。
目が詰まったカチカチの畳表です。
5年程使うと表皮に艶が出てきます。

201910170204402d0.jpeg

崇福寺には徳川家の御朱印櫃や時計、信長公の書など、
重要な文化財が多く保管されています。
もし何かあると畳どころの話ではなくなりますので
物の移動は念入りに計画の上、慎重に行いました。

20191017020718f8e.jpeg

中でもこの櫓時計は予想以上に重く
この時が一番気を使ったかもしれません。

2019101702053517f.jpeg

今回は新調、そして畳床のモディファイもあり、
畳のラインを揃える事が課題でした。
既存の畳を生かす兼ね合いもあり、
採寸はよく考えて行いました。

201910170207493e3.jpeg

最初に畳をめくってみると、先代の手掛けた畳でした。
全く聞いていなかったのでびっくり。
しかし不思議な縁を感じました。

20191017020803f61.jpeg

週末の20日には晋山式が行われます。
晋山式とは住職の世代交代の披露です。
関連寺院の多くの方々が来られることでしょう。
新畳の色と香りが式の一助となれば
こんな嬉しい事はありません。

今まで、絶えず先代を意識して仕事をしてきました。
勿論、そのリスペクトはこれからも変わる事はありません。
今回いくつか自分に課題を課したのですが、
あくまでも自己採点ですが、、「何とか一人前になれたかなあ」と。
文政3年(1820)から来年創業200年になる当店の六代目として
認めてやる事に、そして自覚することとしました。
先代が他界してもうすぐ8年、やっと当店も世代交代できました。
これからも変わらず精進するつもりです。

20191017020819edd.jpeg


スポンサーサイト



2019.09.29 縁なし畳_92
新築物件に納品しました。

201909290121478f4.jpeg

厚みは33ミリ、軽くてクッション性のある畳床を
使用しました。

201909290125503b2.jpeg
2019.08.31 縁なし畳_91
縁なし畳の1帖ものを納品しました。

2019090101105765a.jpeg

半畳の市松敷きの場合は縦横が交互になりますが、
このような通常の敷き方ですと幅方向に3枚並びます。
畳表が曲げてある側面同士が合わさると隙間ができ易いです。
寸法通りに出来上がっていてもです。

最初苦労した頃を懐かしく思い出しました。

20190901011014002.jpeg


前回出来なかった展示台の薄縁ゴザでしたが、
展示物が少なくなったタイミングで製作しました。

201908030233020d7.jpeg

床の畳と同じ素材ですので、一体感があります。
しかし5枚共扇型でしたので、なかなか神経を使いました。

20190803023320387.jpeg

ギリギリの大きさ。
もう少し小さく作れば良いのですが、
いつもギリギリの勝負を挑んでしまいます。
この癖は一生直りません。

201908030233413d4.jpeg
使用畳表: ダイケン銀白230

炉を設置したお客様の既存の畳を張り替え、
炉の部分を鍵畳にしました。

201907180142075d1.jpeg

お茶室の畳を作る上であえて重要な部分は?と聞かれたら
先ずは炉縁に沿う長さ1尺4寸の縁だと私は答えます。

201907180142274b0.jpeg

炭点前や道具の拝見で、間近に客人の目に触れます。
と言うよりも、自分の作品が客人に「晒される」という感じです。
この部分に作った職人の技術が集約されているはずであり、
ここを見れば職人の技量が一目瞭然とも言えます。

20190718014239351.jpeg

炉縁をはめた時に、縁の止め角が延長線上に揃わなくてはダメだと
茶人であった父に本当に口うるさく言われました。
自らお茶の世界を体験するようになってから
この縁の角部分はとがっているので、足袋などに
引っかかりやすいとも考えるようになりました。
つまり畳にピタリ吸い付くように、また長きに亘り
型崩れがしないようにも仕上げなければならないのです。
茶室の中で4時間もの間、一体何が行われているのか?
茶室の畳の上では、決まった人の動きがあります。
作り手として、それを知っている事はとても重要。
つくづくお茶に関わって良かったと思います。

20190718014255830.jpeg

黄瀬戸のお茶碗で一服頂きました。
一目で裏千家流の薄茶と分かりますね。
ありがとうございました。