FC2ブログ
2019.08.16 税務申告
毎年このお盆の時期になると、夜遅くまで事務所で
蝉の鳴き声を聴きながら6月決算の税務書類を作成するのが慣例。
もう今年で30回目になりました。
規模は小さいですが法人ですので、ざっくり丼勘定
というわけにはいきません。
所定のいくつもの書類と付票をきちっと作成して
国税、消費税、法人住民税を県と市に納税申告です。
最初は全て税理士さん任せでしたが、その費用も
さることながら、やっている内に「経理業務って面白い」
と思うようになり、数年後に会計ソフトを導入しました。
入力業務から貸借対照表、損益計算書、試算表の作成です。
趣味心半分で何年もやっている内に、税務システムは
本当に良く考えられているなとつくづく思っていました。

ところが、、6月の初めに連絡があり
30年来お願いしてきた税理士さんが突然亡くなられたとの事。
申し訳ないが他の税理士を探して下さいと言われました。
決算書類だけは税理士さんに作成してもらっていました。
決算月はもう間近で、代わりの税理士を探すと言っても。。
8月に入り、段々と申告・納税期限が迫ってきます。
気ばかり焦って日にちが過ぎて行きます。
しかし突然ある日、一か八かの考えが浮かびました。
それは、「自分で決算書類を作成して税務申告する。」
人(税理士)に出来て自分に出来ないはずはない、という
負けず嫌いの性格を刺激して何とか乗り切れないか?
という作戦のつもりですが、随分ハードルの高い内容です。

決めたら即実行、とにかく時間がありません。
所轄税務所に事情を説明してアポを取り、2回出向き、
不明な点を丁寧に教えて頂きました。
そして本日、無事申告を受理頂く事ができました。
「来年からは同じ要領で提出して頂ければ結構です。」
とまで仰って頂きました。

税務所で相談に乗って頂くのは「無料」です。
税理士報酬(数十万円)が不要だったことよりも
自分で窮地を脱出できた事に達成感がありました。

懇切丁寧に税務相談に乗って頂きました
岐阜北税務署のOさん、本当にありがとうございました。

20190817000840ced.jpeg



スポンサーサイト



先週は月〜金の5日間東京に滞在しました。
全日本畳事業協同組合の通常総代会の開催や
日頃から国政で畳に御尽力頂いている国会議員の激励会等々。
すべての予定が連続して消化できて良かったです。

知り合いに誘われて丸の内南口へ。
誰もが一度は天井見上げたことがあると思います。

20190524092854342.jpeg

しかしこの二階に上がれるとは知りませんでした。
落ち着いた東京ステーションホテルの中にあるすし屋さんへ。

20190524092914667.jpeg

カウンターで美味しく頂きました。
ここには有名なバーがあるのですが、普段はなかなか入れないそう。
予約ができないお店だそうで、この日もそうでした。
そこで少し待つ事に、ちょっとフレッシュな飲み物を注文。
このサクランボのジュースは絶品でした。また飲みたいです。

201905240929272d5.jpeg

いかにも老舗のバー「オーク」。
窓越しに丸ビルがみえます。

2019052409311202f.jpeg

ここのバーテンダー杉本さんは伝説のお方。

201905240932313a5.jpeg

大人気のカクテル「東京駅」を注文。
少しだけ頂きましたが美味しい、でもアルコール度は⬆︎。

201905240931430da.jpeg

初めて目にする超大人の空間でした。
こんな所に1人静かにカクテル飲みに来る人って憧れますね!
テーブル席は時代もののトランクケース。

201905240932017b6.jpeg

まだまだ私には時期尚早の大変セレブな夜でした。

20190524093253ad4.jpeg


2019.03.08 心のぜいたく
と、ネットの広告にはそう書いてありました。

先週末から2日間神戸、中1日で東京に4日間出張。
仕事も忙しく、大変な思いをしての遠出です。
組合の仕事で東京に出かけるようになって早7年目。
事務所と宿泊ホテルと岐阜の往復にもいい加減飽きもきたので、
年頭の初詣でで、今年は色々な所に寄ってみよう!と決めました。

20190309014601135.jpeg

東京都内で一番高いビルをご存知ですか?
六本木にあるミッドタウンタワーです。
何と248m。

2019030901461568e.jpeg

ザ・リッツ・カールトン東京(ホテル)が入ってます。
45Fのタワーズでディナーと洒落込んでみました。

20190309014532f1c.jpeg

東京タワーの展望台より高く、なるほど眼下に見えます。
こんな高価なホテルに泊まる事はできませんが、
せめて食事なら何とか行けそうでした。

周りはほとんど外人さんなので、
一瞬、自分がセレブになったような錯覚です。
ほっぺたをつねり、財布の中を見るとやはり自分でした(笑)が、

窓際一等席からの素晴らしい景色、美味しいワインと食事で
大満足させて頂きました。

201903090146314d1.jpeg



カナダに住んでいる家内の妹が
久しぶりに日本に帰って来た。

甥と姪に久々に会ったが、
大人になったとつくづく思う。
甥は都内の予備校に1年通い
日本の大学を目指すという。
姪は日本語の勉強を中断したので
トロントの大学の医学部を目指している。

20180823234027dd5.jpeg

本当、うちの息子連中に爪の垢でも飲ませたい。
そんな大変な思いをしてまでも自分の意思で勉強する。
親に言われなくても、自分に今何が必要で
何をしなければいけないかが分かっている二人。

家内の妹は結婚してカナダに渡った。
親に何の迷惑もかける事なく
子供たちを立派に育てあげている。
辛く、大変な事も何度もあったと思う。
だから子供たちもそれを見ているから
自立していくのだろう。

自分には到底できないと思う。

20180823234002caa.jpeg

霞ヶ関での会議が終わり
帰りの新幹線まで少し時間があったので、
丸の内南口の綺麗な夜景を見ながら
食事する事ができた。
色々考えさせられる事がたくさんあった。

また明後日から東京、トークショーがあるが、
珍しく息子が見に来る事になった。
何か思う事があるのかもしれない。
岐阜からも何人か茶人の先輩も来られます。
受託した責任を早く果たして軽くなりたい!

頑張ります。











先日、滋賀県大津市にある三井寺の
屋根葺き替えの様子を見る機会を得ました。

20180730151139702.jpeg

1600年に豊臣秀頼によって再建された学問所。
杮葺は世界にも例を見ない我が国独特の工法。

2018073015121426c.jpeg

30年程度の間隔で、定期的に葺き替える必要があり、
2〜3ミリ厚まで薄くした柿板を竹釘で固定する修復には
文化庁指定の選定技術が用いられます。

20180730151156381.jpeg

足場が組んであり、普段は高い場所にある屋根が目の前。
圧巻でした。
いやというほど手間のかかる古来からの工法が継承され
建造物が修復されていく様は
リスペクト以外何物でもありません。

20180730151246607.jpeg