FC2ブログ
2021.06.02 本来の畳
全日本畳事業協同組合と岐阜県畳組合のそれぞれ
書面による総代会と総会が終わりました。
これは自分に課せられた役割ですので多忙も当然の事。
しかし大変です。
私はやってしまいますが、次の人は出来るのだろうか?
と、余計な心配かと思いつつも考えてしまいます。
もちろん一人で出来ることではありませんが、
しかし両者共にこれからの若手を発掘する事が不可欠。
いつまでも自分が居ては、相反する事にもなるでしょう
私は自分が一生懸命やる事ばかりで、人を育てるなどの
余裕がありません。本当に情けないですね。。

ステイホームという事で、最近は調べ事をしています。
本来、鎌倉から室町時代にかけて、畳が段々と敷かれるように
なってきたのですが、それはどんな畳だったのか?
どんな畳床にどんな畳表や縁が付いていたのか?という
単純な話です。
知っておられる方がいたら是非教えて頂きたいです。

20210603012818b56.jpeg

私は茶の湯を学んでいますが、茶の湯の歴史や世界の中で
「畳」というのはかなり密接な関係があります。
茶室の畳を作っている人間が、茶室の畳の本来の姿形を知らない
という事が、私の中ではNGというだけの事ですが。
生き証人がいない以上、当時の文献を探すしかありません。
千利休ら歴史上の大茶人達が、どんな畳の上で
点前をし、おもてなしの茶を点てていたのか?
縁内64目という目数はいつから言われるようになったのか?
麻縁だったのか?
畳の歴史は茶の湯の歴史に大きなヒントがあります。
南方録、山上宗二日記、松屋会記等々、じっくりと
読んでいますが、全てに陰と陽が存在する考え方は深いですね。
カネ割の所が一番畳が絡む所です。
かなり深い話ですが、
しかしこれであっても本当の話なのか、100%真実かどうかなど、
誰も保証出来る人はいません。
千利休は切腹していなかったという説を、近年、何人もの
文学者の方々が立証されています。
ただ、畳屋として、どこまで真剣に畳に向き合えるか?
という、自分に課す座学、宿題だと思うと、避ければ
楽をしてサボっている気がしてなりません。
自分の性として諦めます。

20210603012758980.jpeg
スポンサーサイト



2021.01.13 初釜続き
毎年お正月が過ぎると初釜です。
道具の説明をする半東という役割で、2日間お手伝いしました。
コロナ禍の中、初釜を中止される流儀も多かったですが、
一席を4名として2日間に分けて行いました。

20210113235845f6f.jpeg

朝、釜を洗って炉に掛け湯気を見ると、さあこれから客を
迎え入れるんだというスイッチが入ります。
炉縁は武者小路千家官休庵を代表する好みの源氏車蒔絵。

2021011400001429f.jpeg

棚は紹鴎棚。クリスマスローズを一輪生けています。
着物、袴を纏うと気持ちが引き締まります。

20210114004209379.jpeg

皆が道具を持ち寄るのですが、濃茶の主茶碗は釘彫伊羅保。
時代は1500年代後半、桃山時代に朝鮮から入ってきた高麗茶碗です。
所持する中でおそらく一番大振りの茶碗を出させて頂きました。

次の日もご近所でもある岐阜新聞社の杉山大先輩から、
笠松町にある国の登録文化財杉山邸で行われる
表千家社中様の初釜にお誘い頂きました。

20210114000205855.jpeg

ここは杉山さんの祖父の代までが過ごされた建物。
今は笠松町とNPO団体が管理をし、二階には当時の物がずらり。

床には雪窓老師の一行「彩鳳舞丹霄(さいほうたんしょうにまう)」
彩鳳とは黒、白、赤、青、黄色の五色の羽を持つとされる鳳凰。
天下が泰平になるとき、瑞鳥として姿を見せるとされています。
コロナが終息し、丹霄(澄みきった大空)に彩鳳が舞う日が来て欲しい。
そんな席主様の思いも込められているのかもしれません。

20210114000232953.jpeg

偶然にもこの日は私の誕生日、しかも還暦という。。
御大のご発声で、席中の皆さんから一本締めの祝福を頂き、
忘れられない1日となりました。
表千家同門会岐阜支部のトップをずっと務められた杉山さんは
7月に94歳になられます。今なおTV出演もされるバリバリの現役。
本当に羨ましい限りです!

20210114000325e6d.jpeg

2020.11.11 炉開き
茶の湯では、11月が炉開き。
釜も風炉から炉に替わります。
毎年この時期になると、お客様のお茶室の畳を交換します。

20201111213716a09.jpeg

自宅前にある、武者小路千家官休庵稽古場の畳を入れ替えました。

20201111213738934.jpeg

手入れした灰を入れて五徳を据えます。
流儀にもよりますが、五徳は敢えてずらして傾きをつけます。
釜の口に柄杓を掛けた時の柄尻と畳の間に、微妙な隙間が
必要なので、実際に使う釜をかけて微調整しました。
何年もやっていると、ちょっとの高さの違いが違和感となり
5ミリ低いとか高いとか感じるようになります。
どちらかというと私は風炉よりも炉の方が好きです。
来週は初めて口切の茶事に出ることになりました。
茶壷から新茶を取り出して頂く、独特な茶事です。
今から楽しみです。

20201111213750025.jpeg

2020.02.14 稽古
先日の日曜日、翌日京都に行かれる先生が来てくださり、
数人で炭点前の稽古をしました。

20200214003545897.jpeg

お茶の割稽古というと、薄茶を点てるか濃茶を練る
と思われがちですが、炭を組む稽古もあるんです。
実際の茶事では、客が亭主の炭点前を拝見します。

全ては、客に最高のお茶が点てられるよう
亭主が火の状態に意識を向けるのです。
その空間は無言です。
普段経験する事のない、何とも言えない時間です。

20200214003558d22.jpeg


2019.08.29 茶事と懐石
普段のお茶の稽古というのはあくまでも「割稽古」です。
およそ4時間かけて行う茶事の中の、薄茶と濃茶のパートだけを
稽古しているに過ぎません。

その4時間の半分以上が茶懐石です。
普段、なかなか体験出来ない茶事の稽古に行ってきました。

20190829223212343.jpeg

銀閣寺の程近く、有名な仕出し店三友居の別邸「塵外室」があります。
数寄者の方の別荘だったとお聞きしましたが
素晴らしい雰囲気の御屋敷。
梅雨の真っ只中、雨と緑のコントラストがとても瑞々しいです。

20190829235819aa7.jpeg

亭主が心を込めて作った料理が、一品ずつ出てきます。
この鮎は一度干してから焼かれていて香ばしく最高でした。
茶懐石の頂き方には、沢山の決まり事があり、
お茶と同じように奥が深いです。
一朝一夕で会得できるものではありません。
正しい知識と経験が必要。

201908292233347d7.jpeg

最初は御飯を一口。
そのあと酒を頂いてから向付に手を付けます。
煮物、焼物、御吸物など、少しずつ味わいます。

201908292233534d7.jpeg

しばらくすると「千鳥の盃」。
八寸の上には酒の肴である海の物と山の物が
対角に置かれ、
亭主が客の吸物蓋裏に取り分けます。
亭主に酒を注ぐのは次客故に「千鳥」なんですね。

20190829223521966.jpeg

亭主は官休庵の小林宗匠、そして正客は矢橋会長。
最後に正客が亭主に酒を注ぎ御礼して納盃になります。

20190829223426f9b.jpeg

私は茶懐石に対するアレルギーがありましたが、
もうそんな事も言ってられなくなりました。
茶の湯の集大成は茶事であり、茶人としての目標は
自分が亭主になって茶事を行うことだからです。

洒落たセレブな時間がゆっくりと流れて行きます。

201908292357471f3.jpeg

天近の近澤さんの次に酒を頂きました。
いい加減に酔いも回り、最後に濃茶を頂きました。
しかしこれをやる方はもっと大変ですね。
悔しいかな、知らない事の方が多い。
茶の湯の世界の、奥の深さを垣間見ました。

2019082923580731a.jpeg