FC2ブログ
2011.08.29 ホームページ
今年の始め、三四五会で沖縄に旅行に行った時の事、
地元の店に夕食に出かけました。
料理はとても美味しく、値段も大変お値打ちでした。

これは事前に山本会長が、ネットで探して予約を入れてくれていました。
ちょっと前では考えられなかった事です。
沖縄なんてまったく分かりませんし、ネットという情報手段がなければ、
今回のような事は不可能です。

「ホームページの便利さを、改めて痛感した。」と、メンバーが言って
いました。

そう言えば数年前に三宮へ行った時も、あるメンバーが、私には無縁である
ようなお店に、何とネットで予約を入れ、スッと消えて行った事もありました。
これもネット様様ですね。

そんな経緯もあり、先週、三四五会でビアガーデンに行った時の事、メンバー
のH畳店さんとN畳店さんから、ホームページ制作の依頼を受けました。

私は独学でホームページ制作を学んできましたが、その理由は、他の人に
任せると、自分の思ったものができないというのが最大の理由でした。
所詮、デザイン会社の方に、畳店のイロハを分かってもらおうと思っても
無理です。

また、どこかで見た事のあるようなテンプレートで制作された上に、何十
万円ものお金を払うのはイヤです。
「ホームページを無料で作ります」という勧誘電話がありますが、その後
毎月高額な管理料やサーバー料金を請求されます。

アドビのイラストレーターとPhotoshopという二つの高価なソフトと何年も
格闘し、ある程度満足するものができるようになりました。
(いくつかの制作例)
自店組合A社B社C社

また、綺麗なページの制作には、どうしてもピンボケしていない写真が必要です。
今まで、色々な畳素材の写真を撮ってきましたが、気が付けば2000枚近くに
なっていました。
ポスターを作るのと同じように一から作るので、発想力・労力と時間、忍耐を必要
としますが、やはりオリジナルのページは一味違います。
そんなわけで、近々、仲間の依頼の制作に取り掛かりたいと思っています。

自らが畳店で、なおかつデザインやHTML(ホームページに使用する言語)を知っ
ていれば、100%畳店のニーズに答えられる作品が提供できると思います。

ホームページを作りたい、オリジナルの洒落たページを作りたいとお考えの畳店
さんもいらっしゃると思いますので、今後、ホームページ制作部門を開設しようか
とも考えています。

スポンサーサイト