FC2ブログ
2014.01.31 縁付き畳_99_1
ワラ畳の表替えをご依頼頂きました。
家を新築して以来30年余りそのまま敷かれていました。

施主さま曰く「下の台も替えなきゃダメでしょ?」

修繕さえ行えば、ワラという天然素材に勝るものはありません。
分厚い畳表でも付け替えることができることをお話しました。

2014_01_31_03.jpg

今まで付いていた畳表は、打ち込みの緩い「糸引き表」でした。
ペットが居た中、よく30年持ったものです。

見てみると典型的な岡山産の在来種。
昔は岡山産の畳表が多く使われました。焼けると少し暗い茶色に退色します。

2014_01_31_01.jpg

その事を説明し、施工はやはり長持ちする国産でということに。
畳表を「見る目」を養うことは、お客様との商談上とても重要です。

畳の四辺を修繕・補強して、格段に強度が増しました。
コーナーを取り付け地厚い畳表をパンパンに張ってみましたが、
畳が別物になりました。

2014_01_31_02.jpg
使用畳表:ひのみどり2番草(八代市千丁町産)
使用縁:純綿双糸 栗茶

スポンサーサイト