FC2ブログ
2014.09.27 縁なし畳_50
新築物件に納入しました。
厚さは30ミリ、強度的にもこれがぎりぎりのラインだと思います。

2014_09_27_02.jpg

採寸から10日ほどあったのですが、色々と仕事が重なっており、
昨日製作しました。

2014_09_27_03.jpg

6枚だからとタカをくくっていたのですが、実際には大変です。
私の場合、へりなし畳の角処理はたとえ薄畳であってもすべて
糸をかけます。
テープや樹脂のり、タッカー、曲げてそのまま等、畳店によって
その方法は様々です。
一度敷き込んでそのままならいいのかも知れませんが、床下収納が
何箇所もあり、お客様が畳を何度も上げ下げしている内に、必ず角の
処理が駄目になります。
その点、糸をかけてあるものは一番耐久度があります。さらに特殊な
接着剤で藺草を固め、ペーパーで仕上げます。
10年近く経っても角はそのままなばかりか、なかなかバラせない程です。
ただ6枚でも×4角あるので、24箇所の作業手間がかかります。

楽な方法もありますが、これは当店の伝統ですので遵守しています。
行き着くところ、畳の見えない部分をどう作るのかということです。
カーマニアがエンジンルームの中のネジをピカピカに磨く気持ちも
分かるような分からないような....

ウッディーな空間にへりなし畳が似合っています。

2014_09_27_01.jpg

スポンサーサイト