FC2ブログ
2016.03.22 3つの茶会
建築建材展が終わりましたが、ホッとする間もなく
先週末は再び東京へ。
ヒルズの圧迫感、凄かったです。

2016_03_22_05.jpg

向かった先は西麻布にある赤坂水戸幸
150年続く茶道具商の老舗。
益田鈍翁
松永耳庵
畠山即翁
五島慶太
ここにゆかりのある数寄者の方々は、錚々たる面々です。

2016_03_22_04.jpg

ここで武者小路千家官休庵の小林宗匠が稽古をされています。
建材展の御礼を兼ねて。
いいですね~、都心で静かにお茶の稽古。


この二週末で3つの茶会をこなしました。
13日の市民茶会、3月は透木釜(すきぎがま)です。

2016_03_22_06.jpg
2016_03_22_07.jpg

先週末は岐陽院さんの初午茶会。
翌日は瑞龍寺で松尾流の三宗匠、不染斎・実知・葆光斎の法要。
御家元ご家族も来られ、着物・袴でのお手伝いでした。

瑞龍寺の本堂は、7年前に表替えをさせて頂きました。
いつも行くたびに、畳表の経年変化をチェックしていますが、
ここは敢えて細い「ひのみどり」藺草の畳表を使いましたので、
何かと気になります。

2016_03_22_02.jpg
表替施工:2009年夏
使用畳表:ひのみどり

さすが吟味した素材だけの事はあります。
細いながらも一本一本がしっかりとしています。
雲水さんの苛酷な修行が行われるここで通用すれば
本物と言えると思います。

というわけで、超多忙の2週末でした。 が、
川原町の町屋で食べたパフェに癒されたかな。

2016_03_22_03.jpg