FC2ブログ
もう一年ほど前になりますが、
厚生労働省所管である、中央職業能力開発協会(JAVADA)の
中央技能検定委員を仰せつかりました。
我々畳職人の技能検定試験問題の作成、そして2年に一度行われる
技能グランプリの運営や審査などの業務を行います。

20180930001052658.jpeg

来年は神戸で技能グランプリが行われますが、
2年間京都の文化財畳保存会で一緒に学んだメンバーは
グランプリの常連で毎回出ているんです。
羨ましいですねー 不整脈さえなければ自分も立候補したいです。

ところでこの検定委員の方々、日本でも屈指の畳職人さん達。
凄い所は、昔とは違い言葉や文章でも人に技能伝承ができる人達。
昔のように「黙って技を盗め!」じゃないんですね。

私は最近少し畳の事が分かってきたかな⁉︎ と思っていたのですが、
委員の先輩方と話していると自分の薄っぺらさがいつも垣間見え、
なんて事はない、単なる錯覚である事がいつも分かります。

一つ知るとまたその先が見えてくる
知る事で、初めて知っている人の凄さも分かります。

何事も同じですね。
私なんぞに畳の事を色々と教えてくださる先輩方に
本当に感謝しています。
また、そんな境遇に居させてもらっている事にも感謝です。
勉強は楽しい!
今頃気づいてもダメですけど(^^)






スポンサーサイト