FC2ブログ
2019.08.16 税務申告
毎年このお盆の時期になると、夜遅くまで事務所で
蝉の鳴き声を聴きながら6月決算の税務書類を作成するのが慣例。
もう今年で30回目になりました。
規模は小さいですが法人ですので、ざっくり丼勘定
というわけにはいきません。
所定のいくつもの書類と付票をきちっと作成して
国税、消費税、法人住民税を県と市に納税申告です。
最初は全て税理士さん任せでしたが、その費用も
さることながら、やっている内に「経理業務って面白い」
と思うようになり、数年後に会計ソフトを導入しました。
入力業務から貸借対照表、損益計算書、試算表の作成です。
趣味心半分で何年もやっている内に、税務システムは
本当に良く考えられているなとつくづく思っていました。

ところが、、6月の初めに連絡があり
30年来お願いしてきた税理士さんが突然亡くなられたとの事。
申し訳ないが他の税理士を探して下さいと言われました。
決算書類だけは税理士さんに作成してもらっていました。
決算月はもう間近で、代わりの税理士を探すと言っても。。
8月に入り、段々と申告・納税期限が迫ってきます。
気ばかり焦って日にちが過ぎて行きます。
しかし突然ある日、一か八かの考えが浮かびました。
それは、「自分で決算書類を作成して税務申告する。」
人(税理士)に出来て自分に出来ないはずはない、という
負けず嫌いの性格を刺激して何とか乗り切れないか?
という作戦のつもりですが、随分ハードルの高い内容です。

決めたら即実行、とにかく時間がありません。
所轄税務所に事情を説明してアポを取り、2回出向き、
不明な点を丁寧に教えて頂きました。
そして本日、無事申告を受理頂く事ができました。
「来年からは同じ要領で提出して頂ければ結構です。」
とまで仰って頂きました。

税務所で相談に乗って頂くのは「無料」です。
税理士報酬(数十万円)が不要だったことよりも
自分で窮地を脱出できた事に達成感がありました。

懇切丁寧に税務相談に乗って頂きました
岐阜北税務署のOさん、本当にありがとうございました。

20190817000840ced.jpeg



スポンサーサイト