FC2ブログ
2020.06.23 将棋王位戦
今から10年ほど前、将棋の全7タイトル戦
(竜王戦・名人戦・棋聖戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦)
の内、竜王戦以外の6タイトルの永世称号(5連覇か通算7期が条件)
を保持していた羽生善治名人が、渡辺明竜王に挑戦するタイトル戦が
高山市で行われました。
羽生名人が勝てば、史上初となる全7タイトルの永世称号を
獲得する事になるわけで、非常に注目された一戦となりました。
7戦の内すでに5戦が終わり、渡辺明竜王の3勝2敗。
羽生善治名人はこの高山で角番を迎えたのでした。

日本将棋連盟岐阜県支部の会長を務めていた父が
2日目の立会人として、対局に列席させて頂いた事は、
当時のブログにも書いています。
読売新聞社様からは記念に残る素晴らしい写真も頂きました。

20200623230312e19.jpeg

当時、父の左に座られていた方を知らなかったので聞くと、
「木村一基八段、努力家だから必ず強くなられるよ」
と話していたのを覚えています。

その木村さんが昨年9月、46歳3ケ月での史上最年長で王位を獲得。
涙されたシーンは多くのメディアで配信されました。

そして今日、藤井七段が棋聖戦に続き王位戦のタイトル挑戦権も獲得。
その挑戦する相手こそがこのお方。
そして先日、藤井七段が先勝した棋聖戦ですが、その相手も
写真右端の渡辺明棋王。

父はアマ六段でしたが、名古屋の故板谷進九段の所に通っており、
直接の師匠は石田和雄九段、自宅に来られた石田さんに
私もお会いしましたが、石田さんも板谷門下の棋士。
藤井七段の師匠である杉本昌隆八段も板谷門下ということで、
お祝いに駆けつけたり、毎年年賀状を頂いておりました。
今思うと、錚々たる方々と親交があったんですね。
応援していた棋士の方々が大活躍されている今、
父が喜んでいる姿が目に浮かびます。





スポンサーサイト