FC2ブログ
畳を数枚墨で汚してしまったので見て欲しいと、
書家の方からご連絡を頂きました。
普段ほとんど使用しないお座敷で、加えてご高齢という事で、
お値打ちの表替えをご希望されました。

20210130002201259.jpeg

畳は30年近く経過していましたが、熊本産の中級品でしたので、
安価な畳表に替えるより、この裏側を使った方が良いです。
と、ご提案しました。
外して見てみると、墨は裏側までは浸透していませんでした。

私個人的に、裏返した畳の色が好きです。
青みが抜けた、昔から通が好む「白口」と呼ばれる侘びた色。
何年もかけてイグサが少しずつ退色した色ですから、
欲しいと思っても売っていません。

20210130002211a37.jpeg

隣に新しい畳表を並べない限り、これが裏返しとは思えませんね。
素材の良し悪しや状態にもよりますが、遅くとも10年を目処に
一度裏返す事をお薦めします。
そのためにも、丈夫な国産畳表で施工されるのがベストです。

裏返した畳を見たお客様の吃驚された表情と蘇った畳を見て、
こちらまで嬉しくなりました。
ありがとうございました。

202101300022228e2.jpeg
使用畳縁: 純綿双糸栗茶

スポンサーサイト