FC2ブログ
8月から少しずつ行ってきた崇福寺の畳工事ですが、
本日、無事に完了することができました。

2019101702033931f.jpeg

この山門を何度もくぐって畳を運びました。
お陰様で4キロのダイエットになりました。

よく使って頂いた従来の畳と、これだけ色が違います。

20191017020412477.jpeg

全て本堂と同じ熊本産の畳表を使いました。
目が詰まったカチカチの畳表です。
5年程使うと表皮に艶が出てきます。

201910170204402d0.jpeg

崇福寺には徳川家の御朱印櫃や時計、信長公の書など、
重要な文化財が多く保管されています。
もし何かあると畳どころの話ではなくなりますので
物の移動は念入りに計画の上、慎重に行いました。

20191017020718f8e.jpeg

中でもこの櫓時計は予想以上に重く
この時が一番気を使ったかもしれません。

2019101702053517f.jpeg

今回は新調、そして畳床のモディファイもあり、
畳のラインを揃える事が課題でした。
既存の畳を生かす兼ね合いもあり、
採寸はよく考えて行いました。

201910170207493e3.jpeg

最初に畳をめくってみると、先代の手掛けた畳でした。
全く聞いていなかったのでびっくり。
しかし不思議な縁を感じました。

20191017020803f61.jpeg

週末の20日には晋山式が行われます。
晋山式とは住職の世代交代の披露です。
関連寺院の多くの方々が来られることでしょう。
新畳の色と香りが式の一助となれば
こんな嬉しい事はありません。

今まで、絶えず先代を意識して仕事をしてきました。
勿論、そのリスペクトはこれからも変わる事はありません。
今回いくつか自分に課題を課したのですが、
あくまでも自己採点ですが、、「何とか一人前になれたかなあ」と。
文政3年(1820)から来年創業200年になる当店の六代目として
認めてやる事に、そして自覚することとしました。
先代が他界してもうすぐ8年、やっと当店も世代交代できました。
これからも変わらず精進するつもりです。

20191017020819edd.jpeg


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tatamidna190years.blog134.fc2.com/tb.php/711-d8e4674e