FC2ブログ
今月はひたすらに手強いワラ畳を作っていますが、
その素晴らしさ・難しさ・凄さを再認識しています。
手間をかけて製作する作業を少しだけご紹介します。

畳製作には昔から一スミ、二カネ、三カマチという言葉があります。
框部分の製作は極めて重要なパートです。
自分的には、この框の作業が1番重要ではないかと思っています。

ワラ床は播州産。
古くから京都などの寺院で使われている歴史があります。

202003260013247fe.jpeg

その中でも最高級とされる棕梠(しゅろ)裏です。
棕櫚の木の幹の皮が裏側に縫われています。
縫糸間隔は6分。しっかりと藁が圧縮された一級床です。

はじめに頭板を縫い付けます。この時に使うのが「手あて」です。

20200321211627fba.jpeg

当店では代々、畳から外した麻縁を使って作ります。
麻なのですぐにボロボロにはなりますが、
当たりが柔らかくて針頭が滑らず最適です。



厚く固い部分は、針の通りを良くするために油を漬けます。

20200321211500c6d.jpeg

足締めする前に畳床を熟し柔らかくします。



縫い糸を引っ張りながらかかとで締めます。
厚みを均一にするため中心部分は少しキツめに締めます。



畳床の下ごしらえが終わると、畳表を張ります。
最高級の畳表はイグサの打ち込みが多く、分厚い絨毯の様です。
これを畳床の腰を折って張力をかけ、パンパンに張ります。

2020032121153331b.jpeg

普通の畳で使用するような端止剤では抜けてしまうので、
縦糸(麻芯4本)を一山ずつ、糸で結んで止めて行きます。
「かがりどめ」です。



私は不器用なので早くは出来ませんが、
それよりも一回一回をキツくしっかりと引っ張るようにしています。
右手の指の側面に糸が食い込むので、必ずテーピングします。
さらに抜けにくくするために、縦糸に掛ける2回目の輪が
1回目の結び目の奥に入るよう心掛けます。
畳の框に縫い付ける時、縫い糸でイグサが切れる事はありますが、
この「かがりどめ」の糸で踏み留まります。
60箇所以上のコマ結びによる総摩擦力はかなりの力となるわけです。

20200321211552c55.jpeg

頭板の段差を是正するために、イガラを乗せます。
この藺がらは、備後中継表のヒゲを毟ったイグサの先部分。
中継表のヒゲに拘る理由は、柔らかくてコシがあるからです。

20200321211436019.jpeg

これでやっと畳表を張ります。

20200326001342454.jpeg

藺がらを入れて頭板との段差を是正した断面です。
この後さらに刺し藺を加えて、表面の段差の違和感をなくします。

ここまでだけでも作業を文章にするのは大変!ですが、
次回は畳縁を紹介したいと思います。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tatamidna190years.blog134.fc2.com/tb.php/729-8c3a553a