FC2ブログ
2019.09.29 縁なし畳_92
新築物件に納品しました。

201909290121478f4.jpeg

厚みは33ミリ、軽くてクッション性のある畳床を
使用しました。

201909290125503b2.jpeg
2019.08.31 縁なし畳_91
縁なし畳の1帖ものを納品しました。

2019090101105765a.jpeg

半畳の市松敷きの場合は縦横が交互になりますが、
このような通常の敷き方ですと幅方向に3枚並びます。
畳表が曲げてある側面同士が合わさると隙間ができ易いです。
寸法通りに出来上がっていてもです。

最初苦労した頃を懐かしく思い出しました。

20190901011014002.jpeg


2019.08.29 茶事と懐石
普段のお茶の稽古というのはあくまでも「割稽古」です。
およそ4時間かけて行う茶事の中の、薄茶と濃茶のパートだけを
稽古しているに過ぎません。

その4時間の半分以上が茶懐石です。
普段、なかなか体験出来ない茶事の稽古に行ってきました。

20190829223212343.jpeg

銀閣寺の程近く、有名な仕出し店三友居の別邸「塵外室」があります。
数寄者の方の別荘だったとお聞きしましたが
素晴らしい雰囲気の御屋敷。
梅雨の真っ只中、雨と緑のコントラストがとても瑞々しいです。

20190829235819aa7.jpeg

亭主が心を込めて作った料理が、一品ずつ出てきます。
この鮎は一度干してから焼かれていて香ばしく最高でした。
茶懐石の頂き方には、沢山の決まり事があり、
お茶と同じように奥が深いです。
一朝一夕で会得できるものではありません。
正しい知識と経験が必要。

201908292233347d7.jpeg

最初は御飯を一口。
そのあと酒を頂いてから向付に手を付けます。
煮物、焼物、御吸物など、少しずつ味わいます。

201908292233534d7.jpeg

しばらくすると「千鳥の盃」。
八寸の上には酒の肴である海の物と山の物が
対角に置かれ、
亭主が客の吸物蓋裏に取り分けます。
亭主に酒を注ぐのは次客故に「千鳥」なんですね。

20190829223521966.jpeg

亭主は官休庵の小林宗匠、そして正客は矢橋会長。
最後に正客が亭主に酒を注ぎ御礼して納盃になります。

20190829223426f9b.jpeg

私は茶懐石に対するアレルギーがありましたが、
もうそんな事も言ってられなくなりました。
茶の湯の集大成は茶事であり、茶人としての目標は
自分が亭主になって茶事を行うことだからです。

洒落たセレブな時間がゆっくりと流れて行きます。

201908292357471f3.jpeg

天近の近澤さんの次に酒を頂きました。
いい加減に酔いも回り、最後に濃茶を頂きました。
しかしこれをやる方はもっと大変ですね。
悔しいかな、知らない事の方が多い。
茶の湯の世界の、奥の深さを垣間見ました。

2019082923580731a.jpeg

2019.08.16 税務申告
毎年このお盆の時期になると、夜遅くまで事務所で
蝉の鳴き声を聴きながら6月決算の税務書類を作成するのが慣例。
もう今年で30回目になりました。
規模は小さいですが法人ですので、ざっくり丼勘定
というわけにはいきません。
所定のいくつもの書類と付票をきちっと作成して
国税、消費税、法人住民税を県と市に納税申告です。
最初は全て税理士さん任せでしたが、その費用も
さることながら、やっている内に「経理業務って面白い」
と思うようになり、数年後に会計ソフトを導入しました。
入力業務から貸借対照表、損益計算書、試算表の作成です。
趣味心半分で何年もやっている内に、税務システムは
本当に良く考えられているなとつくづく思っていました。

ところが、、6月の初めに連絡があり
30年来お願いしてきた税理士さんが突然亡くなられたとの事。
申し訳ないが他の税理士を探して下さいと言われました。
決算書類だけは税理士さんに作成してもらっていました。
決算月はもう間近で、代わりの税理士を探すと言っても。。
8月に入り、段々と申告・納税期限が迫ってきます。
気ばかり焦って日にちが過ぎて行きます。
しかし突然ある日、一か八かの考えが浮かびました。
それは、「自分で決算書類を作成して税務申告する。」
人(税理士)に出来て自分に出来ないはずはない、という
負けず嫌いの性格を刺激して何とか乗り切れないか?
という作戦のつもりですが、随分ハードルの高い内容です。

決めたら即実行、とにかく時間がありません。
所轄税務所に事情を説明してアポを取り、2回出向き、
不明な点を丁寧に教えて頂きました。
そして本日、無事申告を受理頂く事ができました。
「来年からは同じ要領で提出して頂ければ結構です。」
とまで仰って頂きました。

税務所で相談に乗って頂くのは「無料」です。
税理士報酬(数十万円)が不要だったことよりも
自分で窮地を脱出できた事に達成感がありました。

懇切丁寧に税務相談に乗って頂きました
岐阜北税務署のOさん、本当にありがとうございました。

20190817000840ced.jpeg



前回出来なかった展示台の薄縁ゴザでしたが、
展示物が少なくなったタイミングで製作しました。

201908030233020d7.jpeg

床の畳と同じ素材ですので、一体感があります。
しかし5枚共扇型でしたので、なかなか神経を使いました。

20190803023320387.jpeg

ギリギリの大きさ。
もう少し小さく作れば良いのですが、
いつもギリギリの勝負を挑んでしまいます。
この癖は一生直りません。

201908030233413d4.jpeg
使用畳表: ダイケン銀白230